社長挨拶


- TOP MESSAGE -
私たちワールドソフト・イーエスは、組織力を生かし、コミュニケーション、管理体制、チームワーク、精神強化とバランスの取れたエンジニア育成・スキルアップに努力いたします。
設立当初よりソフト開発の技術はツールであり、それを利用することを今後意識しながら事業活動をしていきます。
ソフトウエア開発会社は、ただ単に設計やプログラム作成をすることで今後の維持はありえません。
ソフトウエア開発技術と今までのエンジニアの経験を絡ませ、新しい企画・新しい事業展開へと今後もチャレンジし、そしてお客様が望むソリューションサービスを提供することにより、社会貢献を目指すソフトウエア開発会社です。
そしてIT企業へ・・・・・・・。

プライベートは、ゴルフに熱中しています。ゴルフは自分自身で審判する競技で、ルールブックの一番最初にマナーとエチケットが書かれています。コースマネージメントは会社経営と共通、ゴルフのスキルアップを目指す大学の先輩のブログやメルマガをみて日々、ビジネススキル・マネジメントスキルを勉強しています。そのブログは、

 コーチの神髄 : https://kiginjiro.blogspot.jp

是非、読んでみてください。必ず役に立ちます。

高校野球は特に大好きで、毎年春の選抜・夏の選手権大会を観戦しに甲子園へ足をはこびます。高校時代に甲子園出場の夢は果たせなかったが、一生懸命に白球を追いかける高校球児を見ると、自分の若かったころを思い出し鋭気が湧いてきます。30歳台後半から15年間、横浜の地元町内会少年野球部の監督を務め息子達、子供達と野球を楽しんでいました。自分の意識を子供の目線に落としての指導が今の会社経営に役立っています。


今後の目標や計画は、・・・

東京オリンピックまでのあと数年間で会社を進化させていきたい。詳細は、実際にお会いしてお話ししたいです。

代表取締役 井上浩則
株式会社ワールドソフト・イーエス
代表取締役 井上 浩則

プロフィール


- PROFILE -
長崎県佐世保市生まれ。現在は、神奈川県横浜市神奈川区在住。小学校時代には町内のソフトボールチームの主戦として活躍。剣道をしていた父の影響で小さいころから剣道を、父の転勤に伴い道場をはなれることとなった。転勤先は神奈川県横須賀市。在住中の中学校・高等学校時代は野球部に在籍。一番の思い出は、高校3年の春季神奈川県大会で私自身ホームランを放ち、強豪横浜高校に勝ったことが今も忘れられない。

1978年、桜美林大学経済学部に入学。体育会アメリカンフットボール部のマネジャーとして、対戦チームの分析、トレーニングメニューの作成、選手の健康管理などチーム全体のマネジメントを経験した。
1983年、東京渋谷区のソフトハウスに就職。営業部に配属され学校事務システムやパソコン、ファクシミリの販売を担当。 数年後にシステムエンジニアリングサービスの営業も担当、15年間活躍した。
1997年、同僚のエンジニアと2人で株式会社ワールドソフト・イーエスを設立。
ワールドソフト・イーエスのESは、

 E:engineer(エンジニア)
 S:sales(セールス)

の意味。エンジニアにがんばってもらえるよう、セールス部門がサポートするという意味があります。